13. 桂浜 - ぼっちレーシング様が投稿

桂浜

桂浜(かつらはま)は、高知県高知市浦戸に位置し太平洋に臨む海岸。
土佐民謡「よさこい節」にも詠われ、そして太平洋を望んで立つ坂本龍馬の銅像がある浜辺は、高知を代表する名所の一つとして知られる。
上竜頭岬が北東端に、下竜頭岬が南西端にあり、その間に挟まれて弓形に砂浜が延びている。下竜頭岬には竜王宮があり鳥居が立っている。桂浜の近くには、1591年(天正19年)長宗我部元親が北側の丘陵部に浦戸城を築き、一時この地が岡豊城に代わって土佐の中心地になった時期もあった。しかし、初代土佐藩主として土佐入りした山内一豊がこの地では手狭であると感じ、1603年(慶長8年)高知城を築いて移ったため浦戸城は廃城となった。現在は、坂本龍馬記念館・桂浜水族館・大町桂月記念碑などの文学碑等がある。
昔から月見の名所としても知られ、毎年中秋の名月の夜になると地元出身の歌人・大町桂月を偲びながら文芸を語り酒を酌み交わす「名月酒供養」が開催される。
近隣の浦戸地区には、回天および震洋の格納庫の跡がある。
高知駅またははりまや橋より高知県交通バス桂浜行き(同社単独営業)に乗車し、終点で下車。 ゴールデンウィークなどの大型連休になると、臨時駐車場から無料のシャトルバスが運行されることがある。この無料シャトルバスには、ボランティアによる観光ガイドが添乗していることもある。
(ウィキペディアより抜粋)

桂浜

ボクの掲示板TOP


※掲示板利用についての詳細・注意事項は、ボクの掲示板とは?の頁をご覧ください。
※携帯(スマホ)から投稿できない場合には携帯からの画像投稿についてをお読みください。

BBS_TOP | 過去ログ | RSS